もみじちゃんの椅子

もみじちゃん16歳、老化で立てなくなり、ほぼ寝たきりて、大腿部に褥瘡がありました。

かかりつけの動物病院の先生が立たせてあげる方が良いとアドバイスを受けた飼い主様からご依頼をいただきました。

もみじちゃんを連れ、採寸に来てくれました。

とりあえず、試乗してもらうため椅子に乗ってみてもらいました。

とても楽ちんそうです。

彼女にぴったりのものを作るべく、採寸して出来上がるまでちょっと大きいですがこの椅子を使っててもらうことに。

お薬を飲ませたり、ご飯をあげたりするのに役に立ちます。

それから僕はせっせと製作に入り、その間に仮の椅子を使っていたもみじちゃんの褥瘡は、かなり良くなったと報告を受けました。

やっぱり立たせるのって大切ですね。

さらに急いで制作し、出来上がりとともに速攻でお届けに行きました。

もみじちゃんにぴったりサイズの椅子です。

嬉しそうな表情を見せてくれました。飼い主さんもとても喜んでくれました。僕も嬉しいです😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。