マコちゃんの車椅子

マコちゃん(17歳)の飼い主様から車椅子の製作依頼をいただきました。

マコちゃんは脚力が弱っていて、自力で起き上がれず、ほぼ寝たきりの状態です。

かなり以前からのはじめさんのお客様です。最近のマコちゃんの状態を見て、車椅子のお話をはじめさんからしていただいたところ、即決となりました。

製作を急ぐため、その場ではじめさんに採寸していただきました。はじめさんは採寸したことがなかったので少し心配でしたが、その寸法をもとに製作したところ、ジャストフィット‼️

僕の採寸でも一発でOKの確率は低いので、頭が下がります😅

ほとんど横になって過ごしてマコちゃん、車椅子に乗せて歩かせてあげると、やはり嬉しそうな表情に見えるのです😊

製作のご依頼ありがとうございました‼️

ランちゃんの車椅子

はじめさんのところに介護についての相談がありました。

はじめさんとお宅に伺い、状況を確認させていただきました。

ランちゃん(14歳)は数ヶ月前から歩行が困難になり、サークルの中をクルクル回ってはバタッと倒れます。

ホームページで車椅子のことも拝見していただいたようで、製作のご依頼をいただきました。

納品後、預かり部屋やその他の施設を拝見したいとのご要望があり、お越しいただいた際に、車椅子もお持ちいただきました。

車椅子のフレームから左前足と後ろ足を出してしまうとのことで、飼い主様がダンボールでカバーを製作し、取り付けていただいてました。

とてもよいアイデアなので、参考にさせていただき、樹脂製のカバーに修正させていただきました。


製作のご依頼ありがとうございました‼️

駐車場

現在、ベックくん、マコくん、リクくんを大切にお預かりしております。

皆さん車椅子を使っていただいているので、預かり部屋の一画が駐車場になったりします。

お散歩やオシッコ出しの際は車椅子に乗って出動します。

帰って来ると駐車場に車椅子を停めてそれぞれのサークルへ戻ってまったりと・・する子もいますが、まだ乗せて!という子もいます。

飼い主様の介護の大変さを実感させていただいている今日この頃です。

ベックくんの車椅子

ベックくんは約2年前に左前脚の爪先部に悪性の腫瘍ができ、切除しました。その後しばらくは元気にお散歩も行けてましたが、1年くらい前から認知症も加わり、次第に歩行困難に。

少しでも楽に歩行できるように、車椅子を製作させていただきました。

患部をかばうような歩行をしばらく続けていたので、歩行の仕方に特徴があります。

まずは普通に製作しましたが、ベックくんの状態に合っていない部分がいろいろとでてきました。

前脚、後脚の左右で筋肉量が異なっていたり、伸び方も異なります。

はじめさんの細かなアドバイスを具体的に反映し、かなりジャストフィットな車椅子になったと思います❗️

これからも可能なかぎりそれぞれのワンちゃんの状態に合わせた車椅子の製作をしていきたいと思っています❗️