車いすのお家の中バージョン

先日、車いすを製作させていただいたリクくんが天国へ旅立ちました。

直前まで車いすを使ってくれていた、と聞いてとてもありがたく思いました。

車いす製作後に、飼主様から”いす”の製作依頼があったのですが、こちらはあと少しのところで間に合いませんでした。ゴメンね、リクくん・・


お家の中ではほとんど寝たきりで、飼主様の献身的な介護を受けていました。

お外では車いすがあるから、お家の中で立った状態でお部屋の中が見回せるような”いす”があれば・・とのご要望でした。

リクくんはじっと立っていると、頭が下がってくるので、アゴをのせる部分を可動式にして、頭の位置を調整できるようにしてあげよう!と、はりきって製作してました。

残念ですが、色々と勉強させていただいた上に、新たなアイデアまでいただいて、感謝の言葉しかありません。

そして、本当に飼主様の愛情をたくさん受けて幸せなワンちゃんでした。

リクくん、ありがとう。

「車いすのお家の中バージョン」への2件のフィードバック

  1. お部屋の中の「椅子」は残念ながら使えなかったのですが、そのアイデアが他のワンちゃん達の役に立てたのなら嬉しいです。
    この幾つかのブログを見まして、りくも含めてワンちゃん達はいっぱいの愛情を受けてるんだなぁと思いました。
    ありがとうございました。

    1. リクくんのためのイスが間に合わなかったのが心残りでたまりません。
      あれ以来、他の子たちのために急いで製作するよう心がけています。
      いろいろなことをリクくんに教えてもらいました。ここから感謝してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。